『背が伸びるのは睡眠中!』

子供の成長期の「背が伸びる」といった成長に欠かせないのが、成長ホルモンという体内ホルモンです。

この成長ホルモンは、体内で他の物質をエネルギーとして使える物質に変える働きがある大事なホルモンです。

そして、この大事な成長ホルモンが作られるのが睡眠中なのです。

つまり良い睡眠によって成長ホルモンがつくるられるわけですから、子供の成長とって睡眠がとても大切と言えるのです。




成長期の子供にとって良い睡眠

では、良い睡眠とはどのような睡眠でしょうか?

それは、一言で言うと「深い睡眠」です。

なお良い睡眠は、ただ長く眠ることではありません。むしろ必要以上の睡眠は逆に心身を疲れさせてしまいます。

つまり良い睡眠とは、深い眠りにつき、朝起きた時に熟睡感があり、すっきりと目覚め、日中に眠気が無い睡眠のことを指します。

また理想的な睡眠時間は一般的に1日7時間から8時間と言われていますが、実際には個人差があるため6時間から9時間とされています。

しかし、子供の場合は同じ時間に眠り同じ時間に起きることが重視されています。

そして7時間から8時間の深い睡眠が適しているとされているのです。

子供に良い睡眠・深い睡眠をとらせる

子供に良い睡眠・深い睡眠をとらせるには、同じ時間に寝起きする規則正しい生活習慣リズムを整えること必要があります。

しかしそれを守れたとしても、良い睡眠・深い睡眠の弊害となるものがストレスです。

現在は子供社会の中でもストレスが多いのが現実で、子供の難しい年頃と言われる時期が早く長くなっているのです。

ではこういったことを親がサポートするにはどうしたらよいでしょう?

悪い睡眠は確実に子供の成長を妨げ、身長の伸び悩みや虚弱といったことにも影響を与えますが、そこで重要になるのが食生活です。

つまり睡眠もストレスも体に取り入れる栄養素のバランスで心身のバランスが変ってくるのです。

人の体内で働くホルモンの数は100種類以上もあり、それぞれが心身に必要で役割を持っています。そしてそれらホルモンのバランスで全てが変ってきます。

とはいえ、食事だけでそれを補うことは困難と言えます。

大人がサプリで補うように子供にも今はサプリが必要だと考えられてきているのが現状にあります。




子供が求める身長や体の大きさ

子供は親が思っているより、身長や体の大きさを気にしているものです。

特に小学生高学年にもなれば、身長の差が大きなってきます。

この頃は子供が自我に目覚めだし、周囲よりも背が低いことを気にするようになってきます。

つまり思春期になると、背が低いことをマイナスイメージに感じてしまうのです。

子供は思春期まではグングンと成長しますが、思春期が終わると落ち着き止まっていきます。それは体内の成長ホルモンの分泌が減り、落ち着くことによって、体の成長が止まっていくからです。

親として背の低さを気にする子供に対して何をしてあげられるでしょうか?

サプリによる援助が有効的です!

思春期になると性成熟が訪れます。性成熟とは、簡単に言えば生殖可能な状態になることです。

つまり、体が子供から大人に成長することです。

それに比例して背の伸びが止まるのが人体のメカニズムなのです。

これは子供が悩んでも親が悩んでも、どうしようもないことです。

しかし、ひとつだけ成長を止めない方法があります。それは、性成熟を遅らせることです。

これに有効なのが「メラトニン」という体内にあるホルモンです。体内にメラトニンが多くあると性成熟が遅くなります。

つまり、メラトニンによって成長期を伸ばせるということになるのです。

またメラトニンには性成熟を遅らせる効能の他にも、睡眠ホルモンとも呼ばれるほど良い睡眠を誘う作用があります。

メラトニンには性成熟を遅らせ、良い睡眠がとれるという一石二鳥の効果があるのです。

本来は体内で作られるホルモンですが、その量は個人差もあり、生活習慣、ストレス、食事による栄養不足などが関係してきます。

しかし、メラトニンはサプリで補うことができます。今ではそういったサプリが多くあります。

しかしたくさんあるサプリの中でも、子供の背を伸ばすのに適した、子供のためのサプリを選ぶことが重要です。

子供の背の伸び悩みや成長をサプリによって親が援助できるのです。試してみて損はない方法だと思います。

結論とまとめ

子供の背の伸び悩みや成長には良い睡眠が大事です。しかし思春期がくると背が伸びにくなり、成長も止まっていきます。

それにはメラトニンというホルモンが大きく関わっています。

そしてこのメラトニンはサプリによって補給することが可能ですので、子どもに適したサプリを選んで与えることは、親が子供にしてあげれる最も有効な援助だと言えるのはないでしょうか?

子どもの偏食・栄養バランスを考える』のページをチェック。